こころとカラダが軽くなる鍼であなたの笑顔を創ります

  • カテゴリー:J 南谷

     

    こんにちは
    鍼灸マッサージ整体院ここち
    鍼灸マッサージ師 南谷です

     

    「お便り」といえば
    幼稚園や保育園でのお子さんの様子を知らせるために
    先生が親御さんに向けて書いてくれるものを想像したりします

    幼稚園の先生、優しかったなぁ・・・
    なんて懐かしい気持ちは置いておいて

     

    お身体からの「お便り」といえば
    大きいものと小さいものがありますね!

     

    「大便」「小便」です

     

    皆さんは、トイレで用を足した後に
    「今日のはどんな状態だったかな?」
    と確認することはありますか?

     

    これは、とっても大事なことなんです

     

    子育てをされている方なら
    赤ちゃんのおむつを変える時に
    色や形などをみて、体の調子をチェックしますよね

     

    大人も同じです

     

    その中でも今日は「便秘」についてお話します

    image0(26)

    東洋医学では便秘のタイプは4つに分類されます。

     

    気秘(きひ)
    気のめぐりが滞って、便が出口まで進めなくなっている
    腸の動きをコントロールするチカラが上手く働いていない
    [特徴]
    便秘と下痢を繰り返す
    便が出るときもスッキリ出ない

     

    虚秘(きょひ)
    体の中の血や水の量が少なくて便が固く乾燥して
    出にくくなっている
    [特徴]
    うさぎのフンのようにコロコロした便が出る
    お肌や髪も乾燥しやすかったり、立ちくらみが出やすい方もいる

     

    熱秘(ねっぴ、ねつひ)
    身体にこもった熱のせいで
    腸からも水分をたくさん吸収してしまい
    便が乾燥して固くなり、出にくくなっている
    [特徴]
    辛いものや味の濃いもの、油っぽいものなどを食べたあとになりやすい
    おしっこの色が濃い黄色
    普段からのぼせやすい方もいる

     

    寒秘(かんぴ)
    体の内側が冷えてしまって腸の動きが鈍くなり
    便を動かすチカラが弱くなっている
    [特徴]
    便の出はじめが固く、途中から柔らかくなる
    おしっこの回数が多い
    普段から寒がり、冷え性の方もいる

     

    image1(23)

    「便秘」とひとことで言っても
    タイプが違えば原因が違って、治し方も違います

     

    ①は気の流れの邪魔してるところをしっかり通します
    ②は足りない血や水を補うために、消化吸収を強めます
    ③は身体の熱を冷まします
    ④は身体の芯をあたためます

     

    「お薬飲めば出るから大丈夫」
    とは思わずに
    あなたのタイプに合った鍼を受けてみませんか?

     

    鍼灸マッサージ整体院ここち