こころとカラダが軽くなる鍼であなたの笑顔を創ります

カテゴリー:吉元

image

こんにちは。
鍼灸マッサージ整体院 ここち
浦和東口店 スタッフ吉元です。

お仕事帰りはコンビニに寄って
大好きなアイスやお菓子をたくさん買って、
DVDを見ながら食べ、
お腹がいっぱいになったら寝る。

完全に悪い習慣です。

このままでは駄目だ!

そう思うのも毎日で、
気付いたらまたコンビニへ・・・
甘いものが食べたくなるエンドレス。

どうしても甘いもの食べたくなっちゃうな。
食べないと発狂してしまう。
甘いもの食べることしか考えられない。
なんだこの禁断症状は!

ネットで調べた所、
やはり甘いもの=砂糖には中毒性があり、
摂り過ぎるてしまうと依存症に繋がる恐れがあるそうです。

砂糖中毒の特徴をピックアップしました。
①むさぼり食い
自制がきかなくなりガツガツ食べる。
摂取量もどんどん増える。

②禁断症状(離脱症状)
砂糖摂取が途切れたときに、低体温や攻撃的な言動などの身体の反応。

③渇望
甘いモノが食べたくてたまらなくなる。
節制するとより多くの砂糖を欲しくなる。

④感作と交差感作
砂糖を制限した後に、ほんの少し砂糖で過活動になり、
元気の元と錯覚してしまう。
砂糖の摂取で他の物質の依存へも生じやすくなる。

この4つの特徴、
私は全て当てはまってしまいました。

何度も砂糖の摂取をやめようと、
お菓子を食べないようにしてきました。

しかし、甘いものを食べる機会は多く、
お誕生日のケーキやおみやげのお菓子、
お洒落なカフェには美味しそうな焼き菓子、
イベントや何かしらで甘いお菓子の誘惑があります。
特に季節限定なんて言葉は強力な魔力すら感じられます。

そんな誘惑にも負けずに、
1ヶ月ぐらいはなんとかやり過ごせ、
甘いものを食べなくても平気な所まで行きました。

が、

ある日、都内のマッサージ屋さんに行った時、
施術後に紅茶とクッキーを出してもらいました。
image

例え食べないといけない状況でも、
少しの勇気をだせば断ることもできたはず。

はずだったのに、
目の前に出されちゃうと、少しだけなら・・・・

その結果、
③と④です。
制限したらより欲しくなる症状出ちゃいました。
久々に食べた甘いクッキーに感動すら覚え・・・

スタッフさん「クッキー何枚でもおかわりできますよ。」
・・・・
その甘い一言に、
おかわりしてしまいました。
次の日からクッキーモンスターですよ。

ものすごく甘いものが食べたくなる①の現象が起こりました。

そして・・・・
何度目なのか分からない白砂糖禁止の現在に至ります。
今二日目なので、まだまだですが、
もう一生取らないぐらいの気持ちでいます。
まずは3ヶ月。

果物とはちみつは自分の中ではOKにしています。
とりすぎには注意して。これで禁断症状を防げれば良いのですが・・・

白砂糖をやめると、
性格がかわる、やる気が出る、集中力があがる、
肌が綺麗になる、冷え性がなくなる、PMSがなくなる、
身体が軽くなる、花粉症が治る、肩凝りが治る、
目が大きくなる・・・・・

本当かどうか疑っちゃう意見もありますが、
良いことづくし。

私も早くそちら側に行きたいです。

先日オープンしたばっかりのアトレには
甘いケーキやお菓子が沢山ありますけどね!

疲れた心と身体のご褒美に、指圧整体コースオススメです。
マッサージは心と身体を同時に癒せます。

鍼灸マッサージ整体院 ここち

一覧に戻る