こころとカラダが軽くなる鍼であなたの笑顔を創ります

カテゴリー:E 岡安

img_2728

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

鍼灸マッサージ整体院ここち 鍼灸師 岡安です。

 

前回大まかにアロマテラピーについて紹介したので
次は精油についてやっていこうと思います。

 

img_2739

 

 

 

 

 

 
精油とは?
精油(別名エッセンシャルオイル)はどれも原料は植物です。
花びら、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂など植物の様々な部分から抽出されます。
精油の抽出の方法は主に3種類で水蒸気蒸留法、有機溶剤抽出法、圧搾法があります。
その植物の特性に合わせて抽出しています。
精油は揮発性が高く脂溶性です。(アルコールや油に溶けやすく、水に溶けにくい)

 

※精油を扱う上での注意※
①絶対に飲用しない
②原液を肌につけない
③使用量を守る

 

多ければそれだけ良いというものではありません。
精油でも使用してはいけない人(妊娠中、乳幼児)の注意事項があります。

 

ここちでも足裏オイルのコースに精油を使用しています。
レモン、ラベンダー、メイチャンの3種類です。

 

それぞれ効能が違います。
精油を1種類選んでいただく際に、何に効果的か説明が書いてあるカードを
お渡ししていますので、その時の症状に1番見合った精油が分かるようにしています。
あまり匂いを漂わせたくない、という方はお気軽にお申し付けください。

 

 

ここで、今の時期にオススメの精油を紹介します。

 

1.サンダルウッド(白檀)

心→怒りや緊張、興奮を静めたい時に効果的
体→抗炎症、殺菌消毒作用があり泌尿器系や呼吸器系に効果的
肌→肌を柔らかくして潤いを与え調整。乾燥肌、脂性肌の両方に有効

※妊娠初期、うつ状態の方は使用を避けます。

 

 

2.ネロリ(ビターオレンジ)

心→ストレスや不安、緊張などを和らげて深いリラックスへと導き、安眠の手助けになる
体→ストレスからくる胃痛、便秘、下痢、食欲不振など消化器系トラブルに効果的
肌→皮膚の新陳代謝を促進し、シミ、シワ、たるみの予防と改善。妊娠線の予防にも◎

※車の運転など、集中力が必要な時は使用を避けます。

 

 

3.パチュリ

心→ストレスや不安、緊張などを癒し感情のバランスを整えます。
体→ストレスからくる過食を抑えます。むくみ、冷え性、月経前、更年期の不調にも◎
肌→皮膚の新陳代謝を促進して、たるんだ肌を引き締めます。肌荒れやあかぎれにも◎

※妊娠初期の使用は避けます。

 

 

 

心地よい時間をここちで過ごされた後に、さらに心地よい時間をおうちでも。

 

 

 

足裏のコース単体でなく、鍼灸コースや美容鍼と組み合わせて
施術できる相談コースもあります。

 

年末は、30日(金)21時まで営業しております。
≪年始≫
北浦和店・恵比寿店 4日(水)13時~22時
浦和東口店      6日(金)15時~22時

鍼灸マッサージ整体院 ここち

一覧に戻る