こころとカラダが軽くなる鍼であなたの笑顔を創ります

  • カテゴリー:J 南谷

     

    こんにちは
    鍼灸マッサージ整体院ここち
    鍼灸マッサージ師 南谷です

     

    今日は女性の方によく聞かれる質問についてです

     

    「生理中に鍼を受けても大丈夫ですか?」

     

    これは、大歓迎です!

    image0

    約1ヶ月おきにやってくる生理ですが
    お身体の変化は、出血している時だけではありません
    「月経周期」というものがあり
    月経が始まってから次の排卵までを【卵胞期】
    排卵から月経までを【黄体期】とよびます

     

    卵胞期は卵子のもとになるものがゆっくりと育っていき
    黄体期は排卵した卵子が着床できるように
    子宮内膜が厚くなりますが、着床しなければ
    卵胞は黄体となり子宮内膜が剥がれて月経が始まります

     

    毎月のお悩みも
    生理の前にイライラやむくみ、食欲増進が気になる方
    生理中のお腹や頭の痛みがお辛い方
    生理後にぐったりして力が出ない方など
    さまざまです

     

    ちなみに私は
    排卵後から生理までの2週間は
    気、血、水のめぐりが滞って
    むくんだりイライラしたりしやすいですし
    生理が始まってすぐは滞りマックスで
    お腹に痛みが出ることもあります

     

    そういうときこそ鍼で全身の滞りを流すことで
    お腹の痛みが消えたり
    むくみがぬけてスッキリして
    気持ちも上向きになります

     

    人によっては滞りが熱を生んで上に昇り
    お顔に吹き出物が出やすいという方もいますね

     

    東洋医学はバランスが大事なので
    滞りは流して
    足りない所は補います

     

    生理前でも生理中でも大丈夫です
    お辛いときこそ鍼やマッサージで
    心身ともにスッキリしましょう

     

    施術中は仰向けやうつ伏せのまま
    2~30分いることがあるので
    同じ姿勢でいるのが不安だったり
    途中でお手洗いに行きたい時は
    遠慮なく言ってくださいね

     

    年末年始の営業は12月30日(月)までです
    ここち恵比寿店、北浦和店、浦和東口店
    スタッフ一同心よりお待ちしております

    鍼灸マッサージ整体院ここち