こころとカラダが軽くなる鍼であなたの笑顔を創ります

カテゴリー:D 宇賀神

IMG_1559

新年あけましておめでとうございます。

鍼灸マッサージ整体院 ここち
スタッフの宇賀神です。
年末年始は栃木で過ごしました。

最近ハマっているアニメは『おそ松さん』。
現代らしく、それぞれ個性のある六つ子のギャグアニメなんですが、
笑えて楽しく面白いです。
たまに感動話を挟むので、泣けたりします。

赤塚不二夫先生 生誕80週年を記念して、
『おそ松くん』が2X歳になった設定で話が作られています。
その『おそ松さん』がナンジャタウンでコラボしていたので、
たらふく餃子を食べに行ってきました!

IMG_1562

左が次男・カラ松の肉で巻いた肉餃子。
右が五男・十四松のちらし寿司餃子です。
他にもクレープやアイスなども。
普通のメニューも食べたかったですが、それはまた次回ですね。

コラボ商品なので、結構お値段はしましたが
さすがナンジャタウンの餃子。とっても美味しかったです。
少し冷めてしまっても、肉汁が出てジューシーなあたり
さすがだな・・・!と頬張りました。

今回は、その餃子を東洋医学的にみていこうと思います!

IMG_1668

まず、東洋医学の基盤となるのが、この五行説というものです。
万物は木・火・土・金・水の5つの元素からなるという考え方。
このバランスをとる為に鍼をしていくのですが、
どう治療していくのか、矢印や表の意味は別のブログで語っていきます。

IMG_1667

さて。なぜ餃子に着目したかなのですが、
表の味【酸・苦・甘・辛・鹹】を見てみると
餃子はこれら5つの要素を含んでいるんですね。

酸・・・お酢(タレ)
苦・・・ニラやニンニク(餡)
甘・・・肉汁やキャベツ(餡)
辛・・・ラー油(タレ)
鹹・・・醤油(タレ)

だからといって、
「餃子食べてれば体のバランスがとれる!!」
にはならないので
「へ~餃子は東洋の5つの味覚が味わえるんだ~」
くらいの認識でお願いします。

餃子といえば1番食べられているのは宇都宮ですが、
実は、中華料理屋で食べる餃子は餃子に含まれないんです。
食べられる状態の餃子、生の餃子に限り消費量に含まれるため、
冷凍や持ち帰り餃子もNGなんだそうです。
ナンジャタウンのは・・・どうなんでしょうね。。

次回は、日常よくあることで東洋医学でみていこうと思います。

今年もよろしくお願いします。

鍼灸マッサージ整体院 ここち

一覧に戻る