こころとカラダが軽くなる鍼であなたの笑顔を創ります

カテゴリー:J 南谷

こんにちは
鍼灸マッサージ整体院ここち
鍼灸マッサージ師 南谷です

 

皆さんは漢方薬を飲んだことはありますか?
私はつい最近、漢方薬デビューしました

 

1ヶ月位前からふとした時に足の甲に痛みがあり
鍼灸治療を受けると1~2週間は調子が良くなり
油断した頃にまた痛くなる、を繰り返していたため
数十年ぶりに整形外科を受診しました
(病院苦手なんです・・・)

 

担当してくれた先生がたまたま漢方薬を処方する先生で
「西洋医学的には腱鞘炎」
「東洋医学的には瘀血(おけつ→血の滞り)」
との診断で
『桂枝茯苓丸』と『薏苡仁湯』という漢方薬を出してくれました

 

漢方薬の考え方は東洋医学の中でも
中国医学の中に含まれるので
私が通っていた鍼灸学校では漢方薬の授業もあります

 

東洋医学の知識があれば、処方してもらった漢方薬の
効果、効能などを調べると色々納得するところがありますが
薬局で渡されたお薬の説明書にはちょっと驚いてしまいました

IMG_0568

『桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)』
・更年期障害の頭痛、めまい、のぼせ、肩こり、足の冷え
・子宮とその付属器の炎症
・生理周期の異常と生理痛、頭痛、めまい、のぼせ、肩こり、足の冷え
・打撲症、痔疾患、睾丸炎、腹膜炎
などに効くお薬、ということですが
私の「腱鞘炎」についての記載がまったくないんですね
(しかも身に覚えのない症状ばかり・・・)

 

これは
西洋医学では
「今おこっている状態(症状)に対して治療をする」傾向があり
東洋医学では
「今の症状を引き起こしている原因に対して治療をする」傾向がある
ということをよく表しているように思います

 

お薬の説明書は「例えばこんな症状に効きますよ」ですが
東洋的に深読みすると「こんな症状を引き起こしやすい「瘀血」を流す効果がありますよ」
という意味になります

 

漢方薬を処方されて
「これってどういう意味なんだろう?」と疑問に思ったら
ぜひ私にお尋ね下さい
種類がたくさんあるので、即答できるものは限られていますが
お薬の名前を教えてもらえれば
しっかり調べて、東洋医学的に解説します

 

気温がぐっと下がって、手足の冷える季節になりました
冷えることでも血が滞って瘀血が生まれたりするので
お身体冷やさないように、鍼灸マッサージで内側から温まりましょう

 

 

鍼灸マッサージ整体院ここち

一覧に戻る