こころとカラダが軽くなる鍼であなたの笑顔を創ります

カテゴリー:J 南谷

こんにちは
鍼灸マッサージ整体院ここち
鍼灸マッサージ師 南谷です

8月は30度超えの真夏日が続き
35度を超える猛暑日も何日もあり
頭がクラクラしてしまいますね
道産子の私には過酷な日々です・・・

ついつい家でもエアコンつけっぱなしの生活ですが
エアコンも上手に使わないと
体調を崩しやすくなるので要注意です

image1(20)

外から室内に入って
「あー涼しい!」という温度は
ずっとその中にいるとからだが冷えすぎてしまいます
そして、冷えすぎの室内の温度に身体が慣れてしまうと
外に出た時に温度差でぐったりしてしまいますね

急に暑い環境に置かれると、暑さに負けないように
身体は汗をかいて熱を冷まそうとします
汗をかくと体内の水分量が減るので
少ない水分を全身に行き渡らせるために
血液を送り出す力を強くしようと
心臓はバクバクして血圧も上がり
自律神経は大暴れです

エアコン上手のポイントは
「外と中の温度差を減らす」ということと
「自分の身体で温度調整する練習をする」ということです

急激な温度変化と、継続的な冷えは体の負担になります
「ずっと暑い」→倒れちゃいます
「ずっと涼しい」→体が冷えすぎちゃいます

一日中お家で過ごしている日に
2.3時間おきに自分の足や腕、お腹に触れてみてください
「ちょっと冷たいな」と思ったら、冷やしすぎのサインです

「ちょっと冷たい」を感じたら
窓を開けて外気を入れたり
外に出てあたたかい空気に触れてみましょう

image0(22)

私も最近これを意識するようにしたら
体温調節が上手になってきて
夜の寝苦しさを感じにくくなりました

身体からの「冷やしすぎ」のサインには
はじめはなかなか気づけないと思いますが
鍼やマッサージを受けた後のぽかぽかの状態を
覚えておくとわかりやすいですね

外が暑い季節こそ
体の芯は冷やさないように
定期的なメンテナンスがオススメです

鍼灸マッサージ整体院ここち

一覧に戻る