しっかりとした治療技術をベースにあなたのお身体に合わせたオーダーメイドの施術で、心と身体の両方を癒やします。

  • カテゴリー:K 本荘

    img20170327_164939
    こんにちは。
    鍼灸マッサージ整体院 ここち 浦和東口店
    鍼灸マッサージ師 本荘です。

     

    先日薬膳教室でPMSについて勉強してきました。

     

    PMSは月経1~2周間前に起こる体調不良で、
    イライラ倦怠感、眠気、腹痛、ほてり、関節痛、食欲亢進、、、
    など本当に様々な症状があり、人によってもでる症状や期間が
    異なります。女性の皆さん、つらいですよね、、

     

    何で人によってPMSの症状が違うかというと、体質が違うからです。
    中医学的に大きく分けて4タイプあります。

     

    1、肝気鬱結タイプ(気滞)
    本来気をうまく巡らす肝の昨日が低下して気の流れのバランスが
    悪いタイプです。
    このタイプの人はイライラ、胸の張りや痛み、側頭部や頭頂部の痛みや
    落ち込みやすかったりします。

     

    2、瘀血タイプ
    肝は血液を貯めたり解毒をしていますが、血液が汚れて解毒がすすまないと
    ニキビができやすかったりくまができたりします。
    また肩凝りもおきやすいのがこのタイプです。

     

    3、肝脾不調、肝胃不和タイプ
    肝と消化器官のバランスが崩れ、イライラ、食欲減退、腹痛、下痢、ゲップ、
    胸焼けなど消化器に関する症状がでやすいです。

     

    4、気血両虚タイプ
    気や血が不足していると身体中に気血がいきわたらず、めまいや頭痛、
    疲れやすかったり、生理後も症状が重かったりします。

     

    1~3のタイプは全身の気の巡りをよくすること、4のタイプは気血を
    補うことが大事になってきます。

     

    鍼灸は両方に対応できますのでオススメです!

     

    ちなみに写真はお教室が用意してくれたPMS改善の食事で
    この日は人参とししとうのサラダ、菊花と玉ねぎの甘酢つけ、
    イカとセロリの炒め物、茄子とひき肉のバジル炒め、
    八角ゼリードリンクでした。

     

    鍼灸マッサージ整体院 ここち