こころとカラダが軽くなる鍼であなたの笑顔を創ります

  • カテゴリー:D 宇賀神

    こんにちは。
    鍼灸マッサージ整体院 ここち
    鍼灸マッサージ師の宇賀神です。

     

    時々「鍼灸師で良かった」と
    思うことがあります。

    寝違えや、生理痛、眼精疲労の治療が
    自分でできること。

     

    そして・・・ギックリ腰も

     

    10月末に温活のブログを上げておきながら、
    先日初めてやらかしました


    寝る前に、フライパンをしまおうと屈んだ瞬間、
    腰が抜けるような物凄い衝撃が背後に走りました。

    まさに「魔女の一撃」・・・

    驚いて飛び上がり、台所に手を付きましたが
    動こうと思っても、少し力を入れただけで
    響く。メチャメチャ響く。

    仰向け、横向き、うつ伏せ、どの体勢も痛い。
    とりあえず寝ましたが、翌日も起き上がれず。

     

    とはいえ!
    少しの痛みで「痛い」と感じていては、
    敏感になって動けなくなりますし、
    多少は動かないと筋肉も固まってしまう。

    と思い、動いていて気づいたのは
    《はは~ん、左のおしりが原因だな?》

    痛む場所が分かればこっちのもの!
    横向きになり、自分でおしりの
    押して痛い所に鍼をしました。


    秩辺(ちっぺん)】
    承扶(しょうふ)】
    環跳(かんちょう)】
    居髎(きょりょう)】
    ギックリ腰はもちろん、
    腰痛や坐骨神経痛にも効くツボです。

    私はおしりの下の方が痛かったので、
    座ることが一番辛かったです・・・。

    ですが鍼をすると、動きやすくなり
    3日目くらいには普通に歩けて、
    座っていることも平気になりました。
    (鍼スゴォイ・・・)

     

    今は、稲葉院長に教わった腹筋や
    腹筋を鍛える呼吸法などを行い、
    ギックリ腰再発予防に努めています。

    ご自身で予防に努めるのも必要ですが、
    定期的に鍼灸や指圧で筋肉をほぐすのも
    ケガ予防になりオススメです。

    鍼灸マッサージ整体院 ここち